H. TANAKA Lab

Department of
Chemical Science and Engineering

Tokyo Institute of Technology

Chemical Synthesis of biologically important carbohydates

Cyclic boron compouds as multi-functionalable platforms

Radio-theranostics based on a universal radioactive haloganating unit.

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系

生命に神秘に挑む

化学と工学の

創出のために


To develop chemistry and Technology for understand and control biological functions

 当研究室では、生体機能を理解または制御する化学(分子)および工学の開発を目指しております。研究のゴールとして、開発した技術を社会実装を目指しています (詳細はこちら)。我々の研究および研究室に興味を持たれた方は、気軽にメールください。平成31年度4月は、3名の学生(東工大物質理工、九大工、奈良高専)が、大学院修士課程に入学しました。

 Our laboratory aims to develop chemistry (molecules) and engineering to understand or control biological functions. As a goal of research, we aim to implement social implementation technology (Details)。If you are interested in our research and laboratory, please send me an e-mail

Image

Latest News

Image

Facebook

Events
in Our Lab

研究室でのできごと
学会での様子
HTのつぶやき

Image

Project

H30-H31:JSPS
新学術領域

環状ホウ素化合物を鍵物質とするハイブリット型中分子糖脂質の合成戦略の開発