Presentations

2019

2018


平成31年3月20日ー3月23日  日本薬学会第139年会(千葉) 幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張
新規放射性ハロゲン標識母体としてのネオペンチル ハライド構造要件の検討
○貝塚 祐太 1, 鈴木 博元 1, 田中 浩士 2, 龍田 真帆 2, 鷲谷 奈菜1, 佐藤 由衣1, 上原 知也1, 荒野 泰1(1千葉 大院薬 , 2東工大物質理工)

平成31年3月16日ー3月20日  日本化学会 第99春季年会 (2019) 甲南大学 岡本キャンパス
1I1- 04 片末端にカルボキシ基をもつセルロースオリゴマーの酵素合成 と特性評価(東工大物質理工)
○齋藤政司・澤田敏樹・田中浩士・芹 澤武
2F1- 33 環状ボラートを用いた連続的鈴木・宮浦カップリングの開発 (東工大物質理工)
○佐藤 航・田中浩士
3F2-24* Convergent synthesis of linear and multiple-branched β(1,3)-glucansand an evaluation of their binding affinities to dectin-1(Sch. Mater. & Chem. Tech., Tokyo Tech.)
○HAMAGAMI, Hiroki; ADACHI, Yoshiyuki; OHNO, Naohito; TANAKA, Hiroshi
3F2- 29 N-グリコリル型シアル酸含有α(2,8)ジ,オリゴ,ポリシアル酸の合成研究(東工大物質理工)
○東田和樹・田中浩士・鯉沼僚輔
3F2- 30 好中球の貪食促進作用を有するα(1,2)分岐を持つα(1,6)マンナンの収束的合成(東工大物質理工)
○山田遥香・杉山寛崇・鯉沼僚輔・田中浩士
3F6- 47 ネオペンチル標識基を有するスチリルピリジン型 Aβ [18 F] PET トレーサーの合成研究(東工大物質理工) ○SONG Ruichong・ 多胡哲郎・藤牧 諒・龍田真帆・豊原 潤・平野圭市・岩井久美子・ 石橋賢士・田中浩士

平成30年11月15日ー11月17日  第58回日本核医学会学術総会 沖縄コンベンショナルセンター
アスタチン標識前立腺がん診断、治療薬剤開発に向けた基礎的検討
上原知也、平山瑞希、小林亮太、高橋静織、田中浩士、龍田真帆、稲田慎之介、鈴木博元、荒野泰
ネオペンチル標識基を有する18F-標識アミロイド-βプローブの開発
多胡哲郎, 藤牧諒, 豊原潤, 平野圭一, 岩井久美子, 石橋賢士, 田中浩士

平成30年11月6日ー11月7日  第114回第114 回有機合成シンポジウム2018年 早稲田国際会議場
-Ac 環状カルバマートを有する糖供与体を用いる α(2,9)オリゴシアル酸の合成研究
(東工大物質理工、名大生物機能セ) ◯清水速人、安田優、佐藤ちひろ、北島健、田中浩士

2018年10月23日(火)~25日(木) 第8回 CSJ化学フェスタ2018 東京 タワーホール船橋
P4-062 エピガロカテキンガレートの2量化によるウーロンホモビスフラバン類の合成法の開発
(東工大物質理工)○深川由季・藤牧 諒・田中浩士

平成30年10月13日ー10月17日  31st Annual EANM Congress in Düsseldorf Germany

平成30年9月26日ー9月28日  第60回天然有機化合物討論会 久留米シティーブラザ 福岡
α(2,8)オクタシアル酸(ポリシアル酸)の化学合成
(東工大院理工)鯉沼僚輔、東田和樹、青柳拓、○田中浩士

平成30年9月8日(土)第2回日本核医学会分科会 放射性薬品科学研究会、第18回放射性薬品・画像診断研究会
東京都健康長寿医療センター研究所
セラノスティクス応用を志向した放射性アルキルハロゲン誘導体の合成とその機能評価
龍田真帆、鷲谷奈々、佐藤由衣、鈴木博元、上原知也、荒野泰、田中浩士

平成30年8月28日ー8月30日  第37回日本糖質学会年会 仙台国際センター 宮城
α(2,8)オクタシアル酸(ポリシアル酸)の化学合成
鯉沼 僚輔、東田 和樹、青栁 拓、○田中 浩士(東工大 物質理工)
好中球貪食促進作用を有する分岐マンナン10糖の収束的合成
○山田 遥香、鯉沼 僚輔、田中 浩士(東工大 物質理工)

平成30年6月11日ー6月13日  日本ケミカルバイオロジー学会 第13回年会 東京
ネオペンチル型標識基を有する[18F]PETトレーサーのHPLCフリー合成法の開発
白石奈々、稲田慎之介、桐生真登、・出口 光・川内 進・○田中浩士

平成30年5月31日ー6月1日  分子イメージング学会 第13回総会・学術総会 東京
PA-10 ネオペンチル標識基を有する18F-標識アミロイド-βプローブの性能評価
多胡哲郎、藤牧諒、豊原潤、平野圭市、岩井久美子、石橋賢士、田中浩士

平成30年5月23日ー5月25日 第67回高分子学会年会 名古屋国際会議場 名古屋
3G07 機能性基を表面にもつセルロースナノリボンの構築と特性評価
○野原 崇稔 ・澤田 敏樹 ・田中 浩士 ・芹澤 武

2017

平成30年3月25日ー28日 日本薬学会第138年会(金沢)
28W-am06S ○鷲谷 奈菜1, 鈴木 博元1, 田中 浩士2, 佐藤 由衣1, 龍田 真帆2, 稲田 慎之介2, 上原 知也1, 荒野 泰1(1千葉大院薬,2東工大物質理工)
放射性ヨウ素標識薬剤の新たな標識母体としてのヨウ化アルキル

平成30年3月20日ー23日 日本化学会第98春季年会(2018) 日本大学理工学部 千葉
2D1-08 α(2,8)ポリシアル酸の合成研究
○鯉沼 僚輔・青栁 拓・田中 浩士
2D1-09 N-Ac環状カルバマートを有する糖供与体を用いるα(2,9)オリゴシアル酸の合成研究
○清水 速人・鯉沼 僚輔・田中 浩士
2D3-48 ネオペンチル型標識基を有する[18F]PET Aβトレーサーの合成とその機能評価
○藤牧 諒・多胡 哲郎・豊原 潤・田中 浩士
2D3-49 セラノスティクス応用を目指した放射性標識ヨウ化ネオペンチル誘導体の合成
○龍田 真帆・鷲谷 奈菜・佐藤 由衣・鈴木 博元・上原 知也・荒野 泰・田中 浩士
3D1-52 酸化的エーテル化を利用した(-)-エピガロカテキン-3-ガレート-BCD環モデル化合物の立体選択的合成法の開発
○山野 正晴・杉山 寛崇・田中 浩士
3D1-53 エピガロカテキンガレートの2量化によるウーロンホモビスフラバン類の合成法の開発
○深川 由季・藤牧 諒・田中 浩士
4D1-11 部分安定同位体標識された分岐β(1-3)-グルカンの合成
○濱上 大基・山口 芳樹・田中 浩士
4D1-12 α(1,2)分岐マンノシルユニットを用いるα(1,2)分岐鎖を有するα(1,6)オリゴマンナンの合成
○山田 遥香・鯉沼 僚輔・田中 浩士
4D1-17 Synthesis of O-Methylated Glycolipids by Direct Stereoselective Glycosidation and Transformation to Chemical Probes and Their Biological Evaluation
○SATO, Ko; OMAHDI, Zakaria; SHIBATA, Kensuke; SONODA, Koh-hei; YAMASAKI, Sho; TANAKA, Hiroshi

平成29年9月20日ー22日 第66回 高分子討論会 松山 愛媛
機能性基を導入したセルロースオリゴマーからなる分子集合体の構築と特性評価
○野原 崇稔 1・澤田 敏樹 1・田中 浩士 1・芹澤 武 1 1)東工大物質
シアル酸含有高分子マテリアルの創成とその機能評価
○田中 浩士 1 1)東工大物質

平成29年9月20日ー22日 第36回 天然有機化合物討論会 札幌 北海道
12 マイクロフローアミド結合形成法を駆使するフェグリマイシンの全合成 マイクロフローアミド結合形成法を駆使するフェグリマイシンの全合成
(東工大化生研 a、横浜薬大薬 b、東工大物質理工 c)
○布施 新一郎 a、御舩 悠人 a、高橋 孝志 b、田中 浩士 c、中村 浩之 a
O-メチル化糖鎖を含む糖脂質の立体選択的合成および分子プローブの創出とその生物機能評価
(東工大院物質理工 a、九大生医研 b、阪大微研 c、九大院医 d)
○佐藤 航 a、鈴木 涼太 a、Omahdi Zakariab,c、柴田 健輔 b,d、園田 康平 d、山崎 晶 b,c、田中 浩士 a

平成29年7月19日ー21日 第35回 日本糖質学会年会 旭川 北海道
α(1,2)分岐マンノシドを有するα(1,6)オリゴマンノシドの合成とその貪食 促進作用
杉山 寛崇 1、中山 仁志 2、岩渕 和久 2、○田中 浩士 1(1 東工大 物質理工、 2 順天堂大・医看)
N-Ac 環状カルバマートを有する糖供与体を用いるα(2,9)オリゴシアル酸 の合成研究
○清水 速人、鯉沼 僚輔、田中 浩士(東京工業大学 物質理工学院)
多価ジシアル酸結合デキストランのシアル酸認識レクチン Siglec-7 に 対する特異な結合性の解析
○吉村 淳 1,2、安田 優 1,2、森 愛理 1,2、田中 浩士 3、北島 健 1,2、佐藤 ちひろ 1,2(1 名大・生物機能セ、2 名大院・生命農学、3 東工大院・理工)

平成29年6月15日ー16日 第59回 日本脂質生化学会 京都大学 京都
結核菌による糖脂質-糖脂質相互作用を介したヒト好中球の食胞成熟回避機構について
岩渕 和久、中山 仁志、横山 紀子、 田中 浩士、杉山 寛崇

平成29年6月8−11日International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017 in Ho Chi Minh City (HCMC), Vietnam.
(1,3‐Dioxan‐5‐yl)methyl Sulfonates as Effective Precursors for the Synthesis of [18F]PET Tracers
Hiroshi Tanaka
Synthesis of O‐methylated glycolipids related to PGL’s sugar parts by direct stereoselective glycosidation
Ko Sato and Hiroshi Tanaka

平成29年5月20日(土) 第73回有機合成協会関東支部シンポジウム 学習院大学 東京
B23 酸化的エーテル化を利用する2−フェニル−3−アシロキシピラン誘導体の立体選択的合成法の開発 (東工大物質理工)◯山野正晴、杉山寛崇、田中浩士

2016

2017年3月16日(木)~19日(日) 日本化学会 第97春季年会 (2017) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 神奈川
1C7- 08 多分岐オリゴマンノシドの合成とその貪食促進作用
(東工大物質理工)○杉山寛崇・中山仁志・岩渕和久・田中浩士
1C7- 09 分岐鎖を有するβ(1,3)ーオリゴグルカンの合成
(東工大物質理工)○濱上大基・田中浩士
2C7- 01 O-メチル化糖を含む PLG 類縁体の立体選択的合成
(東工大物 質理工)○佐藤 航・田中浩士
2C7- 02 側鎖の立体配座を制御した環状カーボネート保護基を有する糖 供与体を用いたα(2,8)オリゴシアル酸の合成研究
(東工大物質理工) ○鯉沼僚輔・青栁 拓・田中浩士


平成28年12月13日ー16日 The 11th SPSJ International Polymer Conference 福岡国際会議場 福岡
"Enzymatic Synthesis of Oligo(ethylene glycol)-Bearing Cellulose Oligomers for the Formation of Hydrogels with Crystalline Nanoribbon Network Structures"
○野原崇稔・澤田敏樹・田中浩士・芹澤 武

平成28年11月17日ー18日 日本結晶学会平成28年度年会 茨城県民文化センター 茨城 (水戸)
PC-04 共生に関与する珊瑚由来レクチンの4糖糖鎖結合様式
○喜田昭子 1・神保充 2・酒井隆一 3・森本幸生 1・武内良太 4・田中浩士 4・高橋孝志 5・ 三木邦夫 6
(1 京大原子炉・2 北里大海洋生命・3 北大院水産科学・4 東工大院物質理工・ 5 横浜薬大・6 京大院理)

平成28年11月16日ー18日 第55回NMR討論会 広島国際会議場 広島
シアロ糖鎖α, β結合の判別と セレン含有糖鎖の NMR による解析
◯ 鵜澤洵 1,山口芳樹 1,田中浩士 2,鈴木達哉 3, 4,安藤弘宗 3, 4,木曽真 3, 4
(1 理研 糖鎖構造,2 東工大 物質理 工,3 岐阜大 応用生物,4 京大 物質-細胞 統合システム拠点)

2016年11月14日(月)~16日(水) 第6回CSJ化学フェスタ2016
オリゴエチレングリコール基をもつセルロースオリゴマーの酵素合成と自己組織化によるハイドロゲル形成
野原崇稔・澤田敏樹・田中浩士・芹澤 武

ネオペンチル型標識基を用いた[18F]PETトレーサーの合成法の開発
○稲田 慎之介・白石 奈々・出口 光・川内 進・桐生 真登・田中 浩士

イドースを母骨格とした二官能性スペーサーを利用したカテキン分子プローブの合成とその機能評価
(東工大院物質理工、九大院農、理研)◯濱上大基、山口芳樹、熊添基文、立花宏文、田中浩士

10月13-16 The 9th Integrated Molecular/ Materials Science & Engineering (IMSE-9) 青島科学技術大学 (中国)
"Enzymatic Synthesis of Oligo(ethylene glycol)-Bearing Cellulose Oligomers for the Formation of Hydrogels with Nanoribbon Networks"
○野原崇稔・澤田敏樹・田中浩士・芹澤 武

平成28年11月10日ー11日 第110回有機合成シンポジウム 早稲田大学国際会議場 東京
O-28.多分岐オリゴマンノシドの合成と好中球への貪食作用への影響
(東工大物質理工、順天堂大院医看)○杉山寛崇、中山仁志、岩渕和久、田中浩士

平成28年9月14日ー16日 第58回天然物有機化合物討論会 東北大学百周年記念会館萩ホール 宮城
イドースを母骨格とする二官能性リンカーの開発とエピガロカテキンガレートの直接修飾化によるケミカルプローブの合成
(東工大院物質理工、理研、九大院農)○濱上 大基、山口 芳樹、熊添 基文、立花 宏文、田中 浩士

平成28年9月1日ー3日 第35回 日本糖質学会年会 高知市文化プラザ かるぽーと 高知
2B-04 環状カーボネート保護基を有するシアル酸糖供与体を用いるα(2,8)オリゴシアル酸の合成研究
○鯉沼僚輔、青柳拓、田中浩士(東工大院物質理工)
2B-05 直接的グリコシル化によるO-メチル糖脂質合成と環状ホウ素化合物を用いた修飾法の開発
○佐藤航、鈴木涼太、田中浩士(東工大院物質理工)

平成28年8月14日ー16日 第65回 高分子討論会 神奈川大学 神奈川
オリゴエチレングリコール基をもつセルロースオリゴマーの酵素合成と自己組織化によるハイドロゲル形成
(東工大院物質理工)野原崇稔・澤田敏樹・田中浩士・芹澤 武

平成28年7月28日ー29日 第26回 バイオ・高分子シンポジウム 東京工業大学 東京
オリゴエチレングリコール基を導入したナノセルロースの酵素合成と特性評価
(東工大院物質理工)野原崇稔・澤田敏樹・田中浩士・芹澤 武

平成28年6月8日(水)ー9日(木)第108回有機合成シンポジウム 東京工業大学 東京
P-17 ワンポット[3+2]環化付加反応を基盤とした三置換ピラゾールの位置選択的合成法の開発
(東工大化生研、東工大院物質理工)布施新一郎、〇杉山寛崇、小林大輔、田中浩士

平成28年5月14日(土) 第71回有機合成協会関東支部シンポジウム 東京農工大学 東京
B18 イドースを母骨格とした二官能性スペーサーを利用したカテキン分子プローブの合成とその機能評価
(東工大院物質理工、九大院農、理研)◯濱上大基、田中浩士、熊添基文、立花宏文、山口芳樹

C20 化学選択的ワンポット連結反応を駆使した色素増感太陽電池用DπA色素の効率的合成法の開発とその機能評価
(東工大化生研、東工大院物質理工、東大先端研、九工大院生命体、株式会社合同資源、横浜薬大)◯松村圭介、吉崎聡一、米谷真人、和田雄二、尾込裕平、早瀬修二、海宝龍夫、布施新一郎、田中浩士、中村浩之、高橋孝志

Developtment of one-pot Suzuki-Miyaura coupling using cyclic boranes and its application to the synthesis of phenolic glycolipids (PGL)
Ko Sato, Hiroshi Tanaka
Glycoretreat 2016, New Taipei City, Taiwan 2016年4月11-13日hi* Eur. J. Org. Chem., 2016, 21, 508-517

2015

平成28年3月26日(土)-29日(火)日本薬学会第136年会(横浜) 会場:パシフィコ横浜
27L-am05 SPECT 診断用糖代謝診断薬 [123I]6-IDG の開発と基 礎的検討
○金井 泰和1, 田中 浩士2, 長崎 淳3, 仲 定宏1, 堺 俊博5, 礒橋 佳也子1, 加藤 弘樹1, 巽 光朗6, 下瀬川 恵久1, 高 橋 孝志4, 畑澤 順1(1阪大院医, 2東工大, 3岩城製薬, 4横浜薬大, 5阪和インテリジェント, 6阪大病院)

平成28年3月27日(日)-30日(水)日本農芸化学会2016年度大会、札幌
3BC046 67LR活性化剤は膵臓がんに対し抗がん作用を発揮する
○熊添 基文・高井 美佳・山内 真麻・高橋 孝志・田中 浩士・立花 宏文

平成28年3月24日(木)-27日(日)日本化学会第96春季年会(2016) 会場:同志社大学 京田辺キャンパス
2C1-45 酸化的環化反応を用いた光学活性3-O-アシル化カテキン類縁体の合成及びその機能評価
○白石 奈々・熊添 基文・立花 宏文・田中 浩士
2C1-46 分岐脂質を有するTLR2アゴニストの合成とその機能評価
肥沼 宏次・杉山 寛崇・岩田 晃輔・清原 秀泰・松尾 和浩・砂川 洵・○田中 浩士
2C2-48N-アセチル/グリコリル型シアル酸供与体を用いたα(2,9)ジシアル酸の合成と機能評価
○青柳 拓・五島 亜実・鵜澤 洵・大平 脩一・山口 芳樹・北島 健・佐藤 ちひろ・田中 浩士
2C2-49多分岐オリゴマンノシドの合成とその機能評価
○杉山 寛崇・中山 仁志・岩渕 和久・田中 浩士
2C2-50環状ホウ素化合物における連続的鈴木・宮浦カップリングを用いた真菌由来糖脂質類縁体合成法の開発
○佐藤 航・鈴木 涼太・田中 浩士
2H3-17マイクロフローアミド結合形成法を基盤とするフェグリマイシンの全合成
○御舩 悠人・田中 浩士・中村 浩之・布施 新一郎
3A4-43イドースを母骨格とした二官能性スペーサーを利用したカテキン分子プローブの合成とその機能評価
○濱上 大基・畑作 行紀・山口 芳樹・柴田 貴広・立花 宏文・内田 浩二・田中 浩士
3A4-44ネオペンチル型標識基を用いた[18F]PETトレーサーの合成法の開発
○稲田 慎之介・白石 奈々・桐生 真登・出口 光・川内 進・田中 浩士
3F7-17「クレードルドセレノシステイン」を活用した抗酸化酵素反応過程のモデル研究 村岡 宏樹
○唐崎 貴史・佐瀬 祥平・布施 新一郎・田中 浩士・後藤 敬

Glycolipopeptide possessing a branched lipid unit as a TLR2 ligand
Hirotsugu Koinuma, Hirotaka Sugiyama, Hideyasu Kiyohara, Makoto Sunagawa, Hiroshi Tanaka
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

Synthesis of Optically Active 3-O-Acylated Catechin Analogs by Oxidative Cyclization,
Nana Shiraishi, Motofumi Kumazoe, Shinichiro Fuse, Hirofumi Tachibana, Hiroshi Tanaka.
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

One-pot Sequential Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reaction of Cyclic Boron Compounds,
Ryota Suzuki, Kou Sato, Shinichiro Fuse, Hiroshi Tanaka.
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

Partially Unprotected N-Acetyl Sialyl Donors Undergoing α-Sialylation without the Nitrile Effect,
Taku Aoyagi, Syuichi Ohira, Shinichiro Fuse, Hiroshi Tanaka.
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

Rapid synthesis of tri/tetraaryl-substituted pyrazoles via [3+2] cycloadditon and C-H direct arylation approaches
Taiki. Morita, Shinichiro Fuse, Keisuke Matsumura, Hirotaka Sugiyama, Daisuke Kobayashi, Hiroshi Tanaka, Hiroyuki Nakamura, Takashi Takahashi.
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

Synthesis of Sugar-Modified EGCGs by Direct C-Glycosylation and Its Application to a Chemical Biology,
Hiroki Hamagami, Yukinori Hatasa, Yoshiki Yamaguchi, Shinichiro Fuse, Takahiro Shibata, Hirofumi Tachibana, Koji Uchida, Hiroshi Tanaka
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

平成27年12月1日(火)-4日(金)(金)第38回分子生物学会年会、第88回日本生化学学会
免疫細胞におけるSiglec-7の新規リガンド結合部位による免疫応答制御
(名大・生物機能セ、名大院・生命農学、東工大院・理工学) 五島 亜実、山川 奈緒、安田 優、田中 浩士、宮田 真路、北島 健、佐藤 ちひろ

平成27年11月21日(土)-22日(日)(金)第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム,長岡工業高等専門学校
マイクロフローリアクター内での四連続反応によるαアリールカルボニル化合物合成法の開発
(東工大資源研)布施新一郎、○小竹佑磨、御舩悠人、中村浩之、田中浩士

平成27年11月5日(木)ー6日(金)第108回有機合成シンポジウム 早稲田大学国際会議場 東京
4連続の直接アリール化による4置換ピラゾールの合成とその発光特性
(東工大資源研、東工大院理工)○盛田大輝、田中浩士、中村浩之、布施新一郎
酸化的環化反応を用いた光学活性3-O-アシル化カテキン類縁体の合成及びその機能評価
(東工大院理工、九大院農)○白石奈々、熊添基文、立花宏文、田中浩士

平成27年10月24日(土)Glyco TOKYO 2015 慶應義塾大学矢上キャンパス
遊離水酸基を有するN-アセチルシアル酸供与体を用いたα選択的シアリル化反応
青栁拓、大平脩一、鵜澤 洵、山口芳樹、田中浩士
C-グリコシルポリフェノール類の合成を指向した水中C-グリコシル化反応の開発
濱上大基、畑佐行紀、山口芳樹、布施新一郎、柴田貴広、立花宏文、内田浩二、田中浩士
環状ホウ素化合物を用いた連続的鈴木宮浦カップリングを用いる糖脂質類縁体合成法の開発
佐藤航・鈴木涼太・田中浩士
Pam3CSK4をモデルとした分岐脂肪鎖を有するリポペプチドの合成と活性評価
杉山寛崇、肥沼宏次、清原秀泰、松尾和浩、砂川洵、田中浩士

2015年10月13日(火)~15日(木) 第5回CSJ化学フェスタ2015 タワーホール船堀
P1-026環状ホウ素化合物を用いた連続的鈴木宮浦カップリングを用いる糖脂質類縁体合成法の開発
(東工大院理工)○佐藤 航・鈴木涼太・田中浩士

平成27年9月15日ー17日 第32回有機合成化学セミナー ニューウェルシティ湯河原 熱海
カルボン酸の迅速かつ強力な活性化を基盤とするマイクロフローペプチド合成法の開発とフェグリマイシンの合成研究
(東工大院理工、東工大資源件、横浜薬科大学)御舩悠人2・布施新一郎1・田中浩士2・中村浩之1・高橋孝志3

平成27年9月7日ー9日 第62回有機金属化学討論会 関西大学 吹田
連続的C-H結合直接アリール化による4置換ピラゾールの合成
◯盛田大輝、田中浩士、中村浩之、布施新一郎

平成27年7月31日-8月2日 第34回日本糖質学会年会 東京大学 東京
青柳拓, 大平脩一, 田中浩士.
(東工大院理工)遊離水酸基を有する N - アセチルシアル酸供与体を用いる α 選択的シアリル化反応

平成27年6月10日-12日 第10回日本ケミカルバイオロジー学会 
糖をスペーサーとして用いる緑茶カテキン分子プローブの合成とその機能評価
濱上大基、畑佐行紀、山口芳樹、布施新一郎、立花宏文、内田浩二、田中浩士

2014

平成27年3月26日(木)~29日(日) 日本農芸化学会2015年度大会 岡山大学津島キャンパス
自然免疫リガンドとしてのEGCG修飾アルブミン
畑佐 行紀、古橋 麻衣、伊藤 美香、近澤 未歩、柴田 貴広、赤川 貢、田中 浩士、立花 宏文、内田 浩二.

平成27年3月26日(木)~29日(日) 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス
DA’πA型近赤外光吸収色素の設計・合成およびその機能評価
入江俊介, 布施新一郎, 米谷真人, 和田雄二, 尾込裕平, 早瀬修 二, 海宝龍夫, 増井悠, 田中浩士, 高橋孝志.
C-H結合直接アリール化を駆使するD-π-A色素合成法の開発
布施新一郎, 吉崎聡一, 田中浩士
ワンポット[3+2]環化付加反応を基盤とした三置換ピラゾール の位置選択的合成法の開発
布施新一郎, 杉山寛崇, 小林大輔, 田中浩士
4 連続のN-H およびC-H 結合直接アリール化を駆使した4 置 換ピラゾールの合成研究
布施新一郎, 盛田大輝, 田 中浩士
マイクロフロー合成法を駆使したペプチド系天然物フェグリマ イシンの合成研究
御舩悠人, 布施新一郎, 田中浩 士
遊離水酸基を有するN-アセチルシアル酸供与体を用いたα選択 的シアリル化反応
青栁拓, 大平脩一, 布施新一 郎, 田中浩士
酸化的環化反応を用いた光学活性3-O-アシル化カテキン類縁体 の合成研究
白石奈々, 布施新一郎, 田中浩士

平成26年11月6日(木)~7日(金) 第106回有機合成シンポジウム 早稲田大学
鈴木涼太, 布施新一郎, 田中浩士.
環状ホウ素化合物の合成とその連続的クロスカップリング反応への応用

平成 26 年10月14 日(日)~12 日(火)第四回CSJ化学フェスタ2014 タワーホール船堀
布施新一郎, 盛田大輝, 田中浩士
C-H結合直接アリール化を駆使した4置換ピラゾールの合成研究

2014/11/16-18 Society for Glycobiology (SFG) & Japanese Society of Carbohydrate Research (JSCR) 2014 Joint Annual Meeting Hawaii, November 16-18, 2006.
α-Selective glycosidation of using N-acetyl sialyl donors possessing a free hydroxyl group at the C4 position
Taku Aoyagi, Shuichi Ohira, Hiroshi Tanaka
The Synthesis of Sialo-containing Glycopolymers by π-Allyl Nickel Catalyzed Coordination Polymerization.
Shuichi Ohira, Yu Yasuda, Chihiro Sato, Ken KItajima, Ikuyoshi Tomita, Takashi Takahashi, Hiroshi Tanaka

平成 26 年 8 月10 日(日)~12 日(火)第33回日本糖質学会年会 会場 名古屋大学豊田講堂
濱上大基, 布施新一郎, 田中浩士.
C - グリコシルポリフェノール類の合成を指向した水中 C - グリコシル化反応の開発研究
青柳拓, 大平脩一, 布施新一郎, 田中浩士.
4 位遊離水酸基を有する N - アセチルシアル酸供与体を用いる α 選択的シアリル化反応

平成26年5月17日 第67回有機合成化学関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)
布施 新一郎, 松村 圭介, 増井 悠, 若宮 淳志, 吉川 暹, 高橋 孝志, 田中 浩士.
有機薄膜太陽電池用p型有機半導体を指向したオリゴヘテロ芳香環化合物の効率的合成法の開発とその機能評価

平成26年5月17日 第67回有機合成化学関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)
布施 新一郎, 松村 圭介, 増井 悠, 若宮 淳志, 吉川 暹, 高橋 孝志, 田中 浩士.
有機薄膜太陽電池用p型有機半導体を指向したオリゴヘテロ芳香環化合物の効率的合成法の開発とその機能評価

平成26年6月10日〜11日 第67回有機合成化学関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)
高分子型前駆体を用いるSPECT用放射性ヨウ素標識化芳香族プローブの合成法の開発
(東工大院理工、日本メジフィジックス(株)、横浜薬大薬)中川知佳、外山正人、高橋孝志、 ◯田中浩士

平成26年5月17日 第105回有機合成シンポジウム 東京  東京工業大学(大岡山キャンパス)ディジタル多目的ホール
有機薄膜太陽電池用p型有機半導体を指向したオリゴヘテロ芳香環化合物の効率的合成法の開発とその機能評価
(東工大、横浜薬大、京大)松村圭介、布施新一郎、増井悠、若宮淳志、吉川 暹、高橋孝志、田中浩士

2013

2014年3月27日(木)~30日(日) 日本化学会第94春季年会(2014) 名古屋大学
2G7-03 近赤外蛍光標識化EGCGの合成とその機能評価
(東工大院理工)○宮川 純一・末益 優美・熊添 基文・立花 宏文・高橋 孝志・田中 浩士
2G7-04 前駆体を側鎖に有する高分子を用いた芳香環ヨウ素化SPECTプローブ合成
(東工大院理工)○中川 知佳・外山 正人・高橋 孝志・田中 浩士
2H6-11* π-アリルニッケル触媒を用いたアレンのリビング配位重合を利用する糖鎖高分子合成法の開発とSiglec-7機能制御分子創製への応用
(東工大院理工)○大平 脩一・安田 優・佐藤 ちひろ・北島 健・冨田 育義・高橋 孝志・田中 浩士
2B9-08 多様な側鎖構造の有機薄膜太陽電池用高分子p型半導体創出を指向したモノマーの迅速合成法の開発
(東工大院理工)布施 新一郎○高橋 良多・増井 悠・若宮 淳志・吉川 暹・高橋 孝志・田中 浩士
2B9-09 有機薄膜太陽電池用p型有機半導体を指向したオリゴヘテロ芳香環化合物の効率的合成法の開発とその機能評価
(東工大院理工)布施 新一郎○松村 圭介・増井 悠・若宮 淳志・吉川 暹・高橋 孝志・田中 浩士
2B9-10 C-H結合直接アリール化を駆使した4置換ピラゾールの合成
(東工大院理工)布施 新一郎○盛田 大輝・小林 大輔・松村 圭介・高橋 孝志・田中 浩士
3B9-15 環状ボラン化合物に対する連続的鈴木-宮浦クロスカップリング反応の開発
(東工大院理工)○鈴木 涼太・布施 新一郎・田中 浩士
3B9-16 ジオキシノンを分子集積プラットフォームとして活用する非ラメラ液晶ライブラリーの構築と評価
(東工大院理工)布施 新一郎○中村 研太郎・御船 悠人・中村 沙季・高橋 孝志・田中 浩士
3B9-17 α-シアノ酢酸エステルを基盤とするアザビシクロ化合物の効率合成法の開発
(東工大院理工)布施 新一郎○DECHARIN Santida・増井 悠・高橋 孝志・田中 浩士

平成25年11月6日〜7日 第104回有機合成シンポジウム 東京 早稲田国際会議場
トリホスゲンを用いたペプチドの効率的マイクロフロー合成法の開発
(東工大院理工)○御舩悠人、布施新一郎、田中浩士、高橋孝志

平成25年10月21日〜23日 第3回CSJ化学フェスタ 2013 東京 タワーホール船堀
P3-28 3成分ワンポット連結反応を基盤としたオリゴヘテロ芳香環化合物の効率的合成法の開発
(東工大院理工)布施新一郎・○松村圭介・若宮淳志・吉川 暹・高橋孝志

平成25年9月24日〜27日 第13回国際抗生物質関連化学会議 (International Conference on the Chemistry of Antibiotics and other bioactive compounds) 山梨 富士ビューホテル
Synthesis of a fluorescent labeled EGCG as a cancer tracer
Hiroshi Tanaka, Yosuke Tanimoto, Motofumi Kumazoe, Yumi Suemasu, Yuhui Huang, Hirofumi Tachibata, Takashi Takahashi
Total synthesis of mannopeptimycin aglycone
Hirotsugu Koinuma, Shinichiro Fuse, Atsushi Kinbara, Hiroshi Tanaka, Takashi Takahashi, and Takayuki Doi

平成25年9月11日〜13日 第86回日本生化学会大会 神奈川 パシフィコ横浜
化学合成ガングリオシド糖鎖ライブラリーを用いたSiglec-7のGD3結合制御メカニズムの解析
安田 優1,2, 田中 浩士3, 高橋 孝志5, Paul Crocker4, 北島 健1,2, ○ 佐藤 ちひろ1,2

平成25年8月5日〜8月7日 第32回日本糖質学会年会 大阪 大阪国際交流センター
ニッケル触媒によるアレンのリビング配位重合を用いた蛍光標識化ジシアル酸含有高分子型分子プローブの合成とその機能評価
○大平脩一1、安田 優2、佐藤ちひろ2、北島 健2、冨田育義3、高橋孝志4、田中浩士1
(1東工大院理工、2名古屋大院生物機能開発利用研究センター、3東工大院総合理工、4横浜薬大)
NMRを用いた短鎖β1,3-glucanの構造とDectin-1との相互作用解析
○花島慎弥1,2、池田明美1、田中浩士3、安達禎之4、大野尚仁4、高橋孝志3、山口芳樹1
(1理研糖鎖構造、2大阪大院理、3東工大院理工、4東京薬大薬)
平成25年6月19日〜21日 第八回ケミカルバイオロジー学会 東京 東京医科歯科大学 
腫瘍イメージングプローブとしての蛍光標識化EGCGの合成研究
田中浩士、○宮川純一、谷本陽祐、熊添基文、末益優美、黄宇慧、立花宏文、高橋孝志

平成25年6月12日〜14日 日本蛋白質科学会年会 鳥取県 とりぎん文化会館 
軟サンゴ由来レクチンと直鎖多糖の複合体の結晶構造
○喜田昭子,神保 充,森本幸生,武内良太,田中浩士,高橋孝志,三木邦夫