東京工業大学 物質理工学院 一杉研究室

一杉研究室について


原子が凝縮して、分子あるいは固体を形成すると、
それまで想像もつかなかった物性が発現する。

  単一の原子から始め、一つずつ原子を結合させていき、原子の凝集体を作ることを考える。原子が二つ並ぶだけで新しい電子状態となり、数個単位から数十個、数百個の集合体になると、また別の性質が現れる。

  我々の研究室では、原子の振る舞いに着目すると共に、その凝集体の物性を明らかにすることを狙っている。さらに、凝集体同士のネットワークによって生まれる相互作用や界面現象をも研究対象とする。そのような基礎研究に加え、実社会で役立たせるための応用研究にも力を入れる。

  具体的には、原子レベルで制御された構造や薄膜を作製し、走査型トンネル顕微鏡や電子顕微鏡、光電子分光などの最先端計測技術を用いて構造や電子状態評価を行う。物質創製と新規デバイス構築を行い、ミクロ、およびマクロ両面から凝縮系物質科学の開拓を行う。

        研究概要と目指すもの
photo

photo
.

最新情報 一覧はこちらから

2017.2.15
「数理的フレームワークにより微小電線の形成過程を再現」として、論文 "Chemical and Entropic Control on the Molecular Self-Assembly Process"の成果が、プレスリリースされました。
2016.12.15
研究会「第5回・酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会」 が2017年1月13日に開催されます。
.
2016.12.14
「原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功」として、論文 "Monolayer 1T-NbSe2 as a Mott insulator"の成果が、化学工業日報科学新聞に掲載されました。
2016.12.13
論文 "Chemical and Entropic Control on the Molecular Self-Assembly Process" が Nature Communications にアクセプトされました。
2016.12.5
論文 "Self-assembly of very-low height/width aspect-ratio Li3Ni2NbO6 disks embedded in Li3NbO4 epitaxial films" が Thin Solid Films にアクセプトされました。
2016.11.9
「原子配置制御による原子層金属/半導体の作り分けに成功」として、論文 "Monolayer 1T-NbSe2 as a Mott insulator"の成果が、プレスリリースされました。
2016.10.8
工大祭にて一杉教授の公開講義が開催されます。
.
2016.9.9
論文 "Transparent conducting properties of Re-doped β-MoO3 films" が APL Materials にアクセプトされました。
.
2016.9.7
三つの論文がアクセプトされました。
"State-Space Reduction and Equivalence Class Sampling for a Molecular Self-Assembly Model"
"Vibrational - Electrical Properties Relationship in Donor-Doped TiO2 by Raman Spectroscopy"
"Monolayer 1T-NbSe2 as a Mott insulator"
.
2016.8.29-30
輪講合宿に行ってきました。
.
2016.8.5-6
研究会「第4回・酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会」 が開催されます。
.
2016.4.13
論文 "Negligible Sr segregation onSrTiO3(001)-√13×√13 reconstructed surfaces" が APL にアクセプトされました。
.
2016.4.4
B4の遊馬さん、柿木園さん、小林さん、笹原さん、中村さんが一杉研究室に加わりました。
.
2016.2.24-25
Eom先生を囲んだWorkshop を開催します。
.
2015.12.18
「Newsweek」に 全固体二次電池の将来に関する記事 が掲載されました。
.
2015.12.01
一杉は 東京工業大学 大学院理工学研究科 応用化学専攻 が本務となり、東北大学AIMRが兼務となりました。
.
2015.11.14
論文 "Unconventional Charge-Density-Wave Transition in Monolayer 1T-TiSe2" が ACS Nano にアクセプトされました。
2015.11.13
論文 "Self-Assembly Strategy for Fabricating Connected Graphene Nanoribbons" が ACS Nano にアクセプトされました。
2015.10.27
論文 "Low-temperature deposition of meta-stable beta-MoO3(011) epitaxial thin films using step-and-terrace substrates" が Thin Solid Films にアクセプトされました。
2015.10.01
JST-CRESTプロジェクト 「界面超空間制御による超高効率電子デバイスの創製」 がはじまりました。
Our goal is to develop novel electronic devices utilizing nanospaces near the interface of solid electrolytes and electrodes. We inject solid-state physics/chemistry into conventional electrochemistry, to open up a field of “solid-state electrochemisty based on quantum physics.”


これ以前のニュースは、こちらを御覧ください。
.
.