東京工業大学 物質理工学院 一杉研究室

一杉研究室について


原子が凝縮して、分子あるいは固体を形成すると、
それまで想像もつかなかった物性が発現する。

  単一の原子から始め、一つずつ原子を結合させていき、原子の凝集体を作ることを考える。原子が二つ並ぶだけで新しい電子状態となり、数個単位から数十個、数百個の集合体になると、また別の性質が現れる。

  我々の研究室では、原子の振る舞いに着目すると共に、その凝集体の物性を明らかにすることを狙っている。さらに、凝集体同士のネットワークによって生まれる相互作用や界面現象をも研究対象とする。そのような基礎研究に加え、実社会で役立たせるための応用研究にも力を入れる。

  具体的には、原子レベルで制御された構造や薄膜を作製し、走査型トンネル顕微鏡や電子顕微鏡、光電子分光などの最先端計測技術を用いて構造や電子状態評価を行う。物質創製と新規デバイス構築を行い、ミクロ、およびマクロ両面から凝縮系物質科学の開拓を行う。

      

研究概要と目指すもの         一杉研の紹介

photo

photo
.

最新情報 一覧はこちらから

2019.6.18
研究会「第74回 固体イオニクス研究会 ~固体イオニクスの進展と蓄電池応用~」 が2019年7月12日に開催されます。
2019.6.13
笹原さんが第4回固体化学フォーラム研究会で最優秀賞を受賞しました。
2019.5.16
"多様な安定相からの高機能材科の創成" についてのメッセージを掲載しました。
2019.4.28
「少ないデータで性能を予測 マテリアルズ・インフォマティクスの新潮流」として研究成果が日経サイエンスに掲載されました。
2019.4.28
今関さんが電気化学会第86回大会で優秀学生講演賞を受賞しました。
2019.4.13
小松さんと笹原さんが日本表面真空学会 2019年度 関東支部講演大会で優秀講演賞を受賞しました。
2019.4.9
短期滞在学生のクリストファーさん、B4の枝村さん、河口さん、武田さん、増山さんが一杉研究室に加わりました。
.
2019.3.28
学士課程5名、修士課程4名が卒業しました。
2019.3.20
成績優秀者として本研究室の笹原さんが修士の、佐藤さんが学士の総代に選ばれました。
2019.2.6
「物質・情報卓越教育院 キックオフイベント」が2月13日に開催されます。
2019.2.1
「ニオブ水素化物薄膜において室温以上にわたる抵抗の温度ヒステリシスを観測」として論文 "A hysteresis loop in electrical resistance of NbHx observed above the β-λ transition temperature" の成果がハイドロジェノミクスのWebページでハイライトされました。
2019.1.24
論文 "Bottom-current-collector-free thin film batteries using LiNi0.8Co0.2O2 epitaxial thin films" が Journal of Power Sources にアクセプトされました。
2019.1.24
論文 "A hysteresis loop in electrical resistance of NbHx observed above the β-λ transition temperature" が AIP Advances にアクセプトされました。
2019.1.16
研究会「第8回・酸化物研究の新機軸に向けた学際討論会」 が2019年1月25日に開催されます。
2018.11.29
「全固体電池実現のネックを解明」として、論文 "Atomically Well-Ordered Structure at Solid Electrolyte and Electrode Interface Reduces the Interfacial Resistance" の成果が プレスリリースされ、日経産業新聞、化学工業日報、日刊工業新聞に掲載されました。
2018.11.21
笹原さんが第15回 水素量子アトミクス研究会/第1回 ハイドロジェノミクス研究会でハイドロジェノミクス奨励賞を受賞しました。
2018.11.7
論文 "Atomically Well-Ordered Structure at Solid Electrolyte and Electrode Interface Reduces the Interfacial Resistance" が ACS Applied Materials & Interfaces にアクセプトされました。
2018.10.31
「新材料開発、脱「経験と勘」 AIで自動化」として研究成果が日本経済新聞に掲載されました。
2018.10.9
論文 "Two distinct surface terminations of SrVO3(001) ultrathin films as an influential factor on metallicity" が Applied Physics Latters にアクセプトされました。
2018.10.1
ダイさんと佐藤さんが研究室に加わりました。
2018.9.21
"AI/Robot-driven Materials Research への挑戦" についてのメッセージを掲載しました。
2018.9.13
論文 "Impact of a surface TiO2 atomic sheet on the electronic transport properties of LaAlO3/SrTiO3 heterointerfaces" が Applied Physics Letters にアクセプトされました。
2018.9.11
「全固体電池を高出力に」として、論文 "Extremely low resistance of Li3PO4 electrolyte/Li(Ni0.5Mn1.5)O4 electrode interfaces" の成果が、日経産業新聞、化学工業日報に掲載されました。
2018.9.10
小林 成さんが第14回 固体イオニクスセミナーで優秀ポスター賞を受賞しました。
2018.9.7
輪講合宿に行ってきました。その後、東京エレクトロン様を訪問して工場を見学させて頂きました。
2018.9.7
論文 "Pulsed laser deposition of oxide thin films by the fifth harmonic of a Nd:Y3Al5O12(Nd:YAG) laser" が AIP Advances にアクセプトされました。
2018.8.7
「高出力な全固体電池で超高速充放電を実現」として、論文 "Extremely low resistance of Li3PO4 electrolyte/Li(Ni0.5Mn1.5)O4 electrode interfaces" の成果が、プレスリリースされました。
2018.8.7
論文 "Extremely low resistance of Li3PO4 electrolyte/Li(Ni0.5Mn1.5)O4 electrode interfaces" が ACS Applied Materials and Interfaces にアクセプトされました。
2018.7.23
「ナノ電線作製目指すガイドライン」として、論文 "Material informatics for self-assembly of functionalized organic precursors on metal surfaces" の成果が、プレスリリースされました。
2018.7.15
清水さんが「東工大挑戦的研究賞」を受賞しました。


これ以前のニュースは、こちらを御覧ください。
  • Hitosugi Lab
  • .
    .